ホーム > スピーク > HUSKING BEE山崎聖之



HUKING BEE山崎



――そもそも、バンドをやりたいと思ったキッカケは何だったんです
山崎 :  Hi-STANDARDですね。3つ上に姉ちゃんがいるんですけど、オレが小6のときに『MAKING THE ROAD』を買ってきて。最初はうるさいなと思ってたけど、聴いてるうちにすげえカッコいいなと感じるようになり、そこからですね。
――楽器に興味を持ち始めたのは
山崎 : それは中2でした。親父が「そろそろ興味を持つんじゃねえか?」って思ったんでしょうけど、若いときに使ってたドラムセットを引っ張りだしてきたんですよ。で、地元のショッピングセンターにプレハブみたいなカラオケボックスってあったじゃないですか。それをもらってきて、倉庫に置いて、その中にドラムセットを組んだっていう。あるんだからっていうことでなんとなく触ってみたくなって、ドラムを始めたんですよね。
――じゃあ、最初に触れた楽器がドラムだったんですね
山崎 : ちゃんとやったわけじゃないけど、家にあったぞうさんギターは触ったことがありました。ただ、コードを押さえるっていう概念がわからなかったから、バーっと鳴らしてみて、すぐに止めちゃいましたけど(笑)。だから、ちゃんと楽器を始めたっていうのは、ドラムになりますね。
――普通、ヴォーカルやギターといったバンドのフロントに立つ人に憧れて楽器を始める場合が多いのかなと思いますが、そのあたりは
山崎 : 全然そうは思わなかったですね。ドラムセットが家にあったからっていうのは大きいですけど、カッコいいなと思って始めたし。
――周りでも楽器を始めるような人はいました?
山崎 : 地元は千葉の田舎の方なんで、ほとんどいなかったです(笑)。唯一、同級生だったランランランズの片岡がギターをやってて、2人でHi-STANDARDのコピーをやったりするぐらい。その後、「文化祭でやってみようぜ」っていうのでバンドに興味があるヤツにベースをやらせて、中3の文化祭で始めてライヴをやったりしましたけど。
――ドラムって、お父さんに習ったりも
山崎 : いや、習ったりはしなくて、独学です。Hi-STANDARDみたいな速いのにハマって、コピーばっかりしてましたよ。あと、ちょっと話は変わるかもしれませんけど、DrumManiaとかもやってましたよ(笑)。
――いわゆる音ゲーが流行ってた時期ですよね
山崎 : 世代的にど真ん中なんで、ポップンミュージックとかもゲーセンでやってましたね。
――高校ぐらいになると、音楽に興味を持つ人も増えてきたんじゃないですか?
山崎 : やっぱり田舎なんで、そうでもなくて。オレが好きな音楽は周りじゃ流行ってなかったし、みんなメイン・ストリームにあるモノしか聴いてなかったから。それこそ、楽器をやってるヤツなんかごく一部だったんですよ。だから、バンドっていっても、地元の祭りの片隅と文化祭でライヴをしたぐらい。高校のときは実家の倉庫にあるカラオケボックスを拠点にひたすらコピー活動でしたね(笑)。
――ハハハハ(笑)。どんなバンドのコピーをしてまし
山崎 :  Hi-STANDARDはもちろん、周りで流行ってたSUM41やblink-182、文化祭だと盛り上がった方がいいから知ってる人も多かったGOING STEADYをやったりしてました。
――個人的な趣味だと、どのあたりを聴いてたり?
山崎 : ASPARAGUSとHAWAIIAN6はメチャメチャ聴いてましたね。最初にライヴハウスへ観に行ったのもHAWAIIAN6だったし、ASPARAGUSは千葉でも東京でも行ける限り行くみたいな。
――じゃあ、意外とインディーズ・シーンのバンドに興味を持ったんです
山崎 : そうですね。あと、HUSKING BEEも観に行ってましたよ(笑)。
――今やドラムを叩いてますけど(笑)。
山崎 : 不思議ですよね(笑)。で、そういうバンドに憧れてたし。すげえ広いところでやってるとかじゃなくて、ライヴハウスを好きになったんで、そういうところを拠点にライヴをやってるバンドっていいなと。
――やっぱり、ライヴハウスはいいですよね
山崎 : だから、できる限り、大きなホールよりもライヴハウスでライヴを観たいと思うし。近いから表情も見えるじゃないですか。もちろん、フェスとか広い会場なりの楽しさもあるけど、ライヴハウスが好きなんですよね。
――ちゃんとした活動といいますか、定期的にライヴをするようなバンドをやり始めるのは高校卒業後?
山崎 : 卒業のちょっと前からでした。高3の12月ぐらいかな。友達に紹介されたバンドに入ったり、友達と組んだりとかしたんですけど、どれも続かなかったですね。だから、ちゃんと続いたのは卒業してから組んだfamが最初なんですよ。
――ちなみに、高校卒業後はどうしようと考えてました?
山崎 : とりあえずっていうか、千葉市に住んだらいいのかなと考えてましたね。バイトしながらバンドをやりたいなと。まあ、進路相談で先生にもそう言ってたんで、すげえ止められましたけど(笑)。
――まあ、そりゃそうですよ(笑)。
山崎 : そんな風に思ってたとき、客として通ってたショップの店長に「PLUGSで働かないか?」って誘ってもらって、今に至るみたいな。
――幸運な出会いでしたね
山崎 : ホントにラッキーだと思います。それが、famの結成にも繋がりましたからね。
HUKING BEE山崎
――どういったキッカケがあったんですか?
山崎 : PLUGSで働くようになって、そこにお客さんとして来てたのが当時タスカー38ってバンドをやってたベースの宮田だったんです。で、そのバンドが解散した後、(米田)孟正がギター・ヴォーカルでバンドをやろうと思ってるけどドラムがいないって言ってたんで、「じゃあ、スタジオに入ってみる?」ってオレが言って。それで始まったのがfam。だから、すげえなんとなくなんですよ。
――ひょんなことから始まったバンドだったんですね。当時はそんなにバンド界隈の繋がりはなかったり?
山崎 : 今みたいな感じはなかったですね。ただ、いろんな繋がりは大事だと思って、顔はいろいろ出してましたけど。オレがPLUGSで働き始めた当時からよく来てくれてた、当時はファイナル御飯だったFOUR GET ME A NOTSも仲良くなって、ライヴを観に行ったら、そのまま打ち上げにも出て知り合いを作ったりとか。やってるバンドはなかったけど、「宮田とバンドをやる予定のヤツ」みたいな感じで潜り込むっていう(笑)。
――今もいろんなところへ顔を出してるイメージがありますけど、昔からだったんです
山崎 : やらなきゃいけないっていうよりも、楽しいし、行きたいから行ってるだけではありますけど……そこで生まれるキッカケや関係性が密になったりすることが絶対にあるし。だから、チケット代や打ち上げ代とかでホントに金がなくて。そういうことに金を使うべきだと思ってたから、辛いわけじゃなかったけど。
――ちょっとサウンド的なことを訊きますけど、高校のときはASPARAGUSやHAWAIIAN6をよく聴いてたんですよね。そこから考えると、famはまた違う方向のサウンドだったなと
山崎 : でも、CAPTAIN HEDGE HOGとかTHE GET UP KIDSとかWEEZERとか、ああいう冷たい印象の曲っていうか、そういう雰囲気の曲もよく聴いてたんですよ。だから、ちょっと暗めのコードを使うのも好きだったし。
――いい意味でカテゴライズしづらいバンドだったと思うんです。人によってはメロディックだと思ってたり、エモだと思ってたり。
山崎 : オレはエモバンドのつもりでやってたんですけど、あんまりそうは思われなかったですね(笑)。今となっちゃ、どうだったかもうわかんないですけど。
――バンドマンや関係者の評価も高かったし、凄く充実してたというか、手応えはあったんじゃないですか?
山崎 : あのときは若かったし、「イケる!」っていうよりも「負けない!」っていう気持ちだったというか。オレ、基本的に自信がないんですよ。「いいわけねえだろ」って常に思ってるところがあって。
――それは今でも?
山崎 : ずっとあります。CDにしてもライヴにしても、若手も大先輩も同じような金額じゃないですか。例えば2000円のチケット代だとしたら、お客さんには「それを払って来てよかった」って思ってもらえる演奏なりパフォーマンスをしなきゃいけないと思うんですけど、上を見ればいくらでもすげえ先輩がいるわけだし。一概に比べるモノじゃないかもしれないけど、「そこまで至ってないだろ」って自分で思っちゃうんですよね。その遠慮してる感じは未だにちょっとあるんです。
――CDなんかは特に世界最高峰と呼ばれる作品とほとんど同じ金額だったりしますしね。
山崎 : だからと言って、萎縮するのはいちばんダメだから、自分のできることは120%やるっていうことなんでしょうけど、famをやってるころは結果もなかったし、すげえ思ってました。
――結局、famは何年ぐらいやってました?
山崎 : 6年ぐらいです。ホントに悔しいのは、ゼロから始めたバンドがそれだけだったことで。結局、HARDCORE FANCLUBは今までやってきた人たちが始めたことじゃないですか。HUSKING BEEなんて、尚更そうだし。今、COUNTRY YARDとか歳が近いバンドがゼロから初めてこうやって結果を残してるけど、オレにはできなかったなと。FOUR GET ME A NOTSもそうだし。famは自分で辞めちゃったわけだけど、こういう風な気持ちになるんだなと感じてますよ。
――famを解散後も立ち止まることなく、バンド活動は続けてますよね。 
山崎 : そうですね。解散前にHARDCORE FANCLUBへ加入して、YASUNO N°5 Groupも始まってたし。で、昨年からはHUSKIG BEEという。
――ちょっと不思議だったのが、曲も作れるわけだし、自分発信のバンドをやらないことだったんですよ。
山崎 : ずっとやりたいとは思ってるんですけどね。まあ、孟正も落ち着くし、アイツとやるのがいいのかなって。実際、家で曲は作ってるんですよ。断片ばっかりですけど。ただ、気持ちとしては「やりたいな」っていうぐらいなんです。「やるぞ!」っていうところまではいかない(笑)。
――ハハハハ(笑)。何かキッカケがあればみたいな
山崎 : 言ってしまえば、今はそこまでやる気がないんでしょうね。反省するところではあるんですけど。ソロ・プロジェクトみたいなのとかも作ってみたいし。
――楽器としてはドラム?
山崎 : ですね。ギターも好きですけど、やっぱりドラムが好きだし。それに、みんなが真面目にやってるところで肩を並べようとは思わないし。「そんな暇があるんだったらドラムを練習しろ」って言われますから(笑)。
――素朴に訊きますが、ドラムは何がいいんですか?
山崎 : 単純じゃないですか。思いっきり叩いたらデカい音が出るし。あと、サウンドをコントロールしてるのってドラムだと思うから、そこが気持ちよかったり。物体としてのドラムも好きだし……だって、無駄にドラムセットもいっぱい持ってますし(笑)。
――じゃあ、ドラムを止めようと思ったことはない?
山崎 : たまに嫌になるときはあるけど、ドラムを止めることはないと思うんです。どんな形であれ、やれるだろうから。だから、あるとすればバンドの方ですね。
――バンドを止めようと考えたことはあると。
山崎 : やっぱり、ありますよ。「バンドがいちばんの中心になってる生活を止めた方がいいんじゃないか?」って考えたことは何回もありますね。
――そこで思いとどまった理由とは?
山崎 : ありがたいことだと思うんですけど、そういうときにいろんな誘いをもらえたんですよ。(安野)勇太さん(HAWAIIAN6 / YASUNO N°5 Group)だったり、ヒダカさん(THE STARBEMS)もそうだし、磯部さん(HUSKING BEE)もそう。オレが客として普通に観に行ってた人が「一緒にやろう」って言ってくれたら、それに応えたいと思ったし、「やらなきゃ」って。
――これまで培ってきた繋がりがバンドマンとして活動していく支えにもなっているんですね。
山崎 : 正直、ラッキーすぎて怖いぐらいだったし。RYOSUKEさん(FUCK YOU HEROES / HARDCORE FANCLUB)から始まり、繋がり繋がりで新しいバンドをやることができたから。もちろん、ラッキーだけでやれたとは思わないけど、ホントにありがたいですよね。
――そんな中でもHUSKING BEEに加入したときは相当なプレッシャーがあったのかなと想像します。
山崎 : でも、そうでもないんですよ。オレはバカなんで、開き直ってるっていうか、緊張とかプレッシャーはそんなに感じないです。さっき話した自信がないっていうのと同じようなことなんですけど、そこでウジウジ考えてもしようがないし、やれることをやるだけだから。ただ、磯部正文BANDで最初に叩いたときは珍しく緊張しましたね。COUNTDOWN JAPANで叩いたときなんか、誘われたのが5日前だとかだったし、「恒さん(Hi-STANDARD / CUBISMO GRAFICO FIVE / LOW IQ & THE BEAT BREAKER)の代わりなんか務まるヤツいねえだろ」って。 ただ、そこでいつも思うのが、やらなかったら絶対に後悔するっていうことなんです。まあ、結局はバカってことなんでしょうけど(笑)。
――しかしながら、これまでの流れと現状を考えると、意外と安泰なのかなと思ったりもします。
山崎 : いやいや、全然ですよ。だって、例えば30年後とか、HUSKING BEEが確実に存在するっていう保証はないわけだし。で、30年後って言ったって、オレは50代。実際、ちゃんと生活をしてくのって大事だし、ちゃんと音楽をやれるようにやっていきたいから。
HUKING BEE山崎
――瞬間も大事だけど、遠い未来でも音楽中心の生活を送れるようにと。
山崎 : そうですね。加えて、楽しくやっていたいんです。仕事として割り切ってスタジオ・ミュージシャンみたいな仕事をするというよりも、今に近いようなバランスでドラムを叩いていたいっていう目標を持ってるし。
――バンドマンの将来像って、いくつかパターンがあると思うんです。例えば、プロデューサーやディレクターに転身する人もいれば、スタジオを構える人がいたりと
山崎 : そういうことをイメージしても楽しいだろうなとは思うんですけど、やっぱりドラムを叩いていたいなって今は考えてますね。で、それで生活ができてればいいなと。あとは、近い将来の話として、自分発信のバンドをやっていたいなとも思いますね。今もバンドはやってますけど、自分がイチから作ったバンドをやりたいなって。ライヴの本数が例え少なくとも、いいモノをしっかりと作ることができればいいと考えてるし。
――そう考えると、今はいい時代ですよね。YouTubeでもSoundCloudでも、ネット上にアップすることで世界中に届けることができますから。
山崎 : いろんな反応が返ってくるでしょうしね。しかも、それを楽しくやる。みんな我慢し過ぎですよ、やっぱり。ホントに楽しくやらなきゃダメだなってよく思うんですよね。




HUKING BEE
1994年に結成し、東京や横浜を中心にライヴを展開。1996年12月に横山健プロデュースによる1stフルアルバム『GRIP』を発表。大いなる注目を集め、メロディックやエモのシーンに名を轟かせる。2005年3月に惜しまれつつ解散したが、2012年2月に再結成、新生HUSKING BEEとして6thフルアルバム『SOMA』をリリース。同年9月に新メンバーが加入し、現体制となる。



http://www.husking-bee.com